■移民手記■

memorias

キューバ移民の手記を紹介します。

Son las memorias de los emigrantes japoneses en Cuba.

 新潟からの移民の足跡を調べるためにキューバを訪ねたのはもう40年近い昔のこと。そのときお会いしたSさんをはじめ数人の方々から、数年後、キューバでの思い出を記したメモを預かりました。その中からいくつかを紹介します。ただ、いずれも、本人はもちろん周縁関係者への迷惑を考え、筆者名は伏せています。無断転載は良心に従ってひかえてください。括弧内は加筆。表示はタイトルをクリックしてください。

Fui a Cuba para estudiar sobre los emigrantes de Niigata a Cuba, hace ya 40 años. Conocí al sra. Sezai y muchas otras emigrantes, y guardé sus memorias. Estaba pensando en hacer un libro, por ejemplo, en el título "vidas de los emigrantes". Sin embargo, aún no se ha realizado. Voy a presentar algunas de esas solo por permiso. Estoy reescribiendo el nombre único para no molestar a sus familias. Por favor no copiar sin permiso en conciencia. Agregué entre paréntesis. Haga clic en el título para verlo.

私は行かなかった

No fuí a visitar.

 写真結婚で呼び寄せられ、キューバに嫁いだ婦人の手記。半世紀にわたるキューバでの闘いの日々をこうも簡潔にまとめられるものか、驚かされる。1983年に記されたもの。筆まめな人で15年近く便りが続いたが、1997年、88歳で亡くなった。どこか、母のような人でした。

Esta es una nota de una mujer que emigró a Cuba para un matrimonio fotográfico. Estoy sorprendido de por qué se pueden resumir brevemente los días de lucha en Cuba durante más de medio siglo. Escribió esto en 1983. Ella me dio muchas cartas por 15 años, y murió a la edad de 88 años en 1997. Era como la madre para mí.

亡兄の遺骨を故山に埋められないのが残念です

Lamento no poder enterrar las cenizas de mi hermano en su tierra natal.

 A5判ノートのページを切り離したのか、表面のざらついた粗末な5枚の紙片に書かれている。これを記した前年の秋にお会いしたときはハバナ市内で夫人といっしょに元気でおられた。子どもはなかったが、楽しそうな老後のように見えた。それから年に一度くらい、便りがあったが、ばったり途切れた。1993年のこと。あとで知ったが、亡くなっていた。「私は、変わらず、元気であります」、便りの書き出しはいつもこうだった。実直で控えめで、そして温情溢れる、いかにも越後人らしい、忘れられない一人でもある。かれもまた一時帰郷をねがいながら、叶わず逝っている。

Esta nota está escrita en cinco pedazos de papel pobre. Quizás separó la página de cuaderno. Lo conocí en el otoño del año anterior a que escribiera esto. Estaba bien con su esposa en La Habana. La pareja no tuvo hijos, pero me pareció que estaba teniendo una feliz vejez. Una vez al año, aunque me escribía, de repente dejó de hacerlo. Fue en 1993. Lo sé más tarde, pero él murió. Al comienzo de su carta siempre fue así, "Estoy bien como siempre". Era un hombre sincero, humilde, de corazón cálido, con una personalidad única en Echigo-jin. También soñó con su regreso a casa, sin embargo, no se hace realidad y está muerto.

二度の接収で我が活動も終わった

Mi vida en Cuba ha terminado con segunda "sesshu".

 アバナ・ビエハ(オールド・ハバナ)のオレリイ街に日本商品の雑貨店を開いていた。陶器、漆器、屏風、扇子、竹細工など、日本工芸品のほかにドゥルセ・オガル(甘美香)のブランドでオリジナルの蚊取り線香を販売。これがキューバ人に受けて繁盛した。戦後は、家族の帰国後もずっとハバナで一人暮らしを続け、訪ねたときも、「百歳まで生きて日本に勲章を取りにいく」と矍鑠としておられたが、二年後、消えるように逝ってしまった。革命による、いわゆる「接収」も、必然といえばそれまでだが、涙を呑んだ日本人も少なくなかった。かれもまた、家族まで棄てキューバに生きようと思ったのだが……。「在玖七十年中の活動と追憶」と題された手記。かれらしい、○○年………、○○年………、と細かく箇条書きされたメモだが、無礼を承知で手直しした。

Dirigía una tienda de abarrotes de productos japoneses en la calle Oleliy de Habana vieja, Además de artesanías japonesas como cerámica, laca, pantalla plegable, abanico, artesanías de bambú, etc., se vendía la bobina antimosquitos original con la marca dulce hogar. Este producto se hizo popular entre los cubanos, y la tienda floreció. Su familia regresó a Japón después de la guerra, pero siguió viviendo solo  en La Habana. Cuando lo visité, decía "Voy a vivir hasta 100 años de edad, ir a recibido una medalla en Japón", y estaba bien. Sin embargo, dos añnos después, murió como si desapareciera. Muchos japoneses sufrieron "sesshu" ; confiscación de propiedad privada después de la revolución. También trató de seguir viviendo en Cuba a pesar de que se separó de su familia,...

生まれかわったらこんな遠くには来ない

Si yo fuera más firme, podríamos haber hecho algo junto con nuestros tres hermanos.

なにより気高い人でした。そして自分に正直な人だったと思っています。1982年にお会いしたあと、翌年、この手記を受け取りました。なぜキューバに行ったのか、どんな思いで暮らしたのか、淡々と振り返りながら、移民とは何だったのか、最後の行が簡潔に語っています。ここで注意してほしいのは「移民」という言葉です。1960年代のことでした。移民にかわって「移住」という言葉が使われるようになりました。いいはじめたのは外務省です。理由ははっきりしています。朝鮮戦争のあと、石炭から石油へと日本のエネルギー政策が切り替えられ、産業合理化と価格統制の廃止によって、九州をはじめ各地で中小炭坑の人員整理、倒産、閉鎖が続きました。その結果、失業者が続出、それが労働運動から政治運動に発展するのを避けるために進められたのが炭坑離職者を南米のブラジルやボリビア、パラグァイの未開地に送り込むという移民政策でした。これははっきりいって厄介者を棄てる棄民政策でした。そのイメージを払拭したかったのでしょう、「移民」にかえて「移住」という言葉を使いはじめたのです。外務省の管轄で各県にあった海外移民協会といった移民奨励機関も海外移住協会というふうに看板を書き換えました。いうまでもありません。移民という言葉には、民を移すということのほかに、主体的には、移る民という意味もあります。明治も最初の頃の移民は、自らの意思で移る「移る民」でした。それが移民会社が登場するようになって「民を移す」に少しずつ変わっていきます。それに対し、移住は「移り住む」、つまり、進んでそうするという能動の意思に加えて、永住という意味もあり、まったく意味がちがってきます。炭坑離職者の場合は、合理化と閉山による解雇で仕事がなくなり日本で暮らすことができなくなったため、意思に反して南米に行かざるを得なかったわけで、それを移住といってしまうにはかなりの無理があります。さらに戦前移民の場合は、目的はあくまでも出稼ぎであって、移り住む、永住する気など微塵もありません。そのことを、この手記がはっきりと言い伝えています。移民と移住、たった一字のちがいです。しかし、この言い換えでほんとうの歴史が見えにくくなってしまっています。もう二十年以上も前のことです。アメリカとの経済自由化絡みでキューバ移民のことが話題になり、とある公共放送局の夜のニュース番組に呼ばれたことがありました。オンエア直前でした、ディレクターから念を押されました。「移民という言葉ですが、局では移住に統一しています。移民は使わないようにしてください」。予想はしていましたが、右へ倣えの偏向報道姿勢に言葉もありませんでした。それがいまも続いています。

Era una persona muy noble. Y era una persona honesta contra sí mismo. Lo conocí en 1982, y al año siguiente recibí esta nota. Por qué fui a Cuba, qué pensamientos viví en Cuba...,  él está mirando hacia atrás en la vida, sin dudarlo. La última línea nos enseña brevemente, ¿qué fue la emigración?

↑戻る